オススメの大人向けブレイブボード!【ベストバイ3選】

 

大人用のブレイブボードを買って子供と一緒に遊びたいな。

でも、どれを選んだらいいんだろう?

たくさん種類があって分かんないな。

初心者でも乗れる、大人にオススメのブレイブボードってないかな?

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事を書いている私は、2児の父親です。

休日は公園に行って、子供と一緒にブレイブボードで遊ぶのが趣味です。

今までいろんなブレイブボードを試してきましたよ。

 

といわけで、この記事では、

 

 子供と一緒にブレイブボードで遊びたい

 

そんなあなたに、ピッタリの大人向けブレイブボード「オススメ3選」をご紹介します。

 

それでは早速いきましょう。

 

オススメの大人向けブレイブボード!【ベストバイ3選】

 

誰もが買って納得するオススメの大人向けブレイブボードはこちら。

 

オススメの大人向けブレイブボード
  •  リップスティックデラックス
  •  ジェイボードEX-RT169
  •  クロス柄エスボード(耐荷重130kgタイプ)

 

上記3アイテムであればハズレはありません。

とはいえ、エスボードについては若干難ありですが、そのあたりは後程詳しく解説します。

 

それでは、各商品の特徴とオススメする理由を解説しようと思いますが、

 

その前に、

 

なぜこの3品を選んだのか、ちょっとだけ説明させてください。

 

そもそも「ブレイブボード」という名前は、

 

解説
アメリカRazor社が販売する「リップスティック」という商品を、日本の正規代理店(ビタミンiファクトリー)が販売する際につけた別名。

 

つまり、厳密にいうと、ブレイブボードとは、リップスティックのみのことを指すわけです。

ですが、同じ形状のキャスターボードは他にも販売されています。

一般的にはこれらのキャスターボードも全てひっくるめて「ブレイブボード」と呼ばれたりするわけですが、

いわゆるこのブレイブボードを販売している最もメジャーなところが、

 

  • リップスティック
  • ジェイボード
  • エスボード

 

この3ブランドになります。

 

それぞれ特徴がありますが、かんたんにまとめると、

 

リップスティック ・・・ アメリカRazor社が販売している商品。日本での正規代理店はビタミンiファクトリー、ラングスジャパンの2社。デザインはオーソドックス。品質はいいが、その分価格も若干高め。

 

ジェイボード ・・・ Razorの関連会社が販売している商品。形状やデザインがおしゃれで個性的。価格帯はリップスティックとエスボードの中間ぐらい。

 

エスボード ・・・ ブレイブボードの元祖で韓国で考案されたもの。スカル系などのちょっとイカツめデザイン。価格が安いのが特長。

 

こんな感じです。

 

3つとも個性が全然違っていて、好みが分かれるところですので、あなたに合ったものを選んでもらえるよう、各ブランドから1つずつをピックアップさせていただきました。

 

なので、冒頭であげた3アイテムというのは、各ブランド別の大人向けブレイブボードNo.1商品になるわけですね。

 

これが、ベストバイ3アイテムを選んだ理由なんです。

 

もう一度おさらいすると、

 

  •  リップスティックデラックス
  •  ジェイボードEX-RT169
  •  クロス柄エスボード(耐荷重130kgタイプ)

 

こちらの3つですね。

というところで、少し前置きが長くなりましたが、ここから、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

 

リップスティックデラックス

 

スペック
サイズ:縦86.3cm×幅26cm×高さ12.7cm×
重量:3.4kg
耐荷重:100kg

 

まず、リップスティックから選んだ大人向けブレイブボードオススメNo.1はリップスティックデラックスです。

リップスティックは、定番中の定番アイテムで、最大の特徴は、その乗り心地の良さです。

なめらかなタイヤの回転と衝撃を最小限に抑えた走りが、長時間乗っていても疲れを感じさせません。

また、シャープな形状とクセのないデザインは、多くの人に支持されています。

 

リップスティックは他にも、

 

  • リップスティックG
  • リップスティックブライト

 

大人向けとしては、主に上記の商品が現状在庫としてありますが、こちらは並行輸入品しかない状況です。

つまり、購入後の保証に不安があるということです。

また、価格も高いことから、これらの商品はオススメできません。

リップスティックブデラックスであれば、大人向けの中では比較的安価ですし、かつ、上記のリンクであれば、amazon、楽天ともに安心できる販売店から購入することができます。

というわけで、リップスティックからは、

 

 リップスティックデラックス

 

こちらがオススメNo.1です。

 

ジェイボードEX-RT169

 

スペック
サイズ:縦77cm×幅21cm×高さ12.5cm
重量:2.6Kg
耐荷重:90kg

※RT-169Mは子供向けの小さいサイズになりますので、おまちがえのないよう、お願いします。

 

次にジェイボードからのベストバイをご紹介します。

オススメは、「ジェイボードEX-RT169」です。

特徴は、なんと言ってもそのハイセンスなデザインです。

丸みをおびた流線形のフォルムと、個性的なデザインが目を引く、アメリカンキャスターボードです。

 

 「ちょっと他の人と違う感じのやつがいいな!」

 

こういった方にはピッタリです。

足回りが安定していて、乗り心地もいいです。

ただし、リップスティックには若干劣るかなといった感じですかね。

乗り比べてみないとわかんないくらいの、ホント誤差範囲ではありますが。

あと、もう一つの特徴として、若干コンパクトな仕様になっているところです。

とはいえ、大人でも十分乗れるサイズですよ。

サイズが小さい分、比較的小柄な方にはいいですね。

 

ちなみに、もうワンランクグレード下げると、「RT-169C」というタイプもあります。

 

スペック
サイズ:縦77cm×幅21cm×高さ12.5cm
重量:2.6Kg
耐荷重:80kg

 

こちらはベストバイには入れてませんが、おまけでご紹介しておきます。

「EX-RT169」との違いは耐荷重の制限範囲です。

「EX-RT169」は耐荷重90kgに対して、「RT-169C」は80kg。

なので、頑丈なのは「EX-RT169」です。

 

基本的には子供向けに作られているもなので、丈夫さを求めるのであれば「EX-RT169」の方なんですが、「RT-169C」は比較的小柄な人なら乗れることと、あとは価格が安いのであわせてご紹介しました。

 

女性であればこちらのタイプで十分ですね。

ちなみに私は、身長171cn、体重61kgですが、こちらの「RT-169C」に乗っても全く問題ありません。

 

 

というところで、おまけも1つありましたが、

 

 ジェイボードEX-RT169

 

こちらがジェイボードからのオススメNo.1アイテムとなります。

 

クロス柄エスボード(耐荷重130kgタイプ)

 

スペック
サイズ:縦87cm
重量:2.5Kg
耐荷重:130kg

 

そして最後にご紹介するのがこちら。

エスボードからは、クロス柄エスボード(耐荷重130kgタイプ)です。

冒頭でもお伝えした通り、ぶっちゃけエスボードは、オススメ度として言えば、この中で最も低い商品です。

なぜなら、商品によって当たりはずれがあるからです。

口コミを見ていても、商品の不具合がチラホラ見受けられます。

これはエスボード全般に言えることです。

 

ちなみに、僕が持っているエスボードはこれよりもロースペックのものですが、全く問題ありませんでした。

なので、全部が全部品質が悪いというわけではなく、あくまで「当たりはずれがある」ということです。

 

しかし、あえてここでご紹介したのは、

 

 「こういうスカル柄のようなデザインがいい!」

 

という人もけっこういるので、そういった人向けにピックアップさせていただきました。

エスボードもいろんな商品がありますが、中でもこちらの耐荷重130kgタイプについては、丈夫でしっかりしています。

また、上記リンクから購入していただければ、不具合があった際の交換保証がついてますので安心です。

多少品質に不安はありますが、「どうしてもこのデザインがいい」という方にだけ、オススメする商品となります。

 

また、当然価格の方も比較的安価なので、

 

長く乗るかわかんないし、とりあえず練習用で買っておこうかな。

 

こういった方についても、こちらの商品でいいんじゃないかなと思います。

 

ブレイブボードは大人でも楽しめる!

 

ここまでが、大人向けブレイブボード【オススメ3選】のご紹介となります。

さて、ここからはブレイブボードの魅力について、お伝えしようと思います。

 

 よし!ブレイブボード買おう!

 

こう思った方は、ここから先も読んでもらえるといいかなと思います。

 

大人用ブレイブボードはスピードが出る

 

大人用ブレイブボードは、子供用に比べると加速しやすいです。

ボード自体が大きい分、スロークも大きくなるので、その分スピードも出るというわけです。

慣れてくると、軽く重心を左右交互にかけるだけで、どんどんスピードアップしていきます。

これがホントに気持ちいいんですよ。

また、体感がきたえれる上、いい運動にもなるので、ブレイブボードを乗ることでダイエットすることもできます。

このように、いろんな魅力がつまったブレイブボードは、子供だけでなく、大人も楽しめる”いわばスポーツ”ですね。

 

ブレイブボードを使ったオススメの遊び方

 

公園1
それではここから、ブレイブボードを使ったオススメの遊び方や注意点をご紹介します。

 

 お弁当を持って家族で公園へGO!

 

天気のいい日に、家族みんなでお弁当をもって公園にいくのはホントに最高です。

ブレイブボードに乗って遊びつつ、ちょっとつかれたら携帯用のテントを張ってそこで休憩する、みたいな感じがいいですね。

テントの中でも楽しく過ごせるよう、スマホやタブレット、子供用のおもちゃなども持参していくといいと思います。

これだけで大満足な上に、お金もかからないので、最高にコスパよく、楽しい過ごせますよ。

 

 練習するスポットはなるべく決めておこう!

 

ブレイブボードを乗る場所はできるだけ決めておいた方がいいです。

なぜならブレイブボードは、地面の状態によってすべり心地が全然違うからです。

段差があったり、ゴム素材が含まれているようなだと、摩擦があって全然すすみません。

なので、特に練習するときは、ツルツルでなるべく凹凸の少ない硬い地面がある場所選びましょう。

これはブレイブボードに乗る上でとても重要なので、よく理解しておいてくださいね。

 

ちなみに下記は7歳以下のお子さん向けブレイブボードの記事です。

 

6歳・7歳児でもブレイブボードは乗りこなせる!オススメはこれ!

 

まとめ

 

大人向けブレイブボード【オススメ3選】とその楽しみ方についてご紹介してきました。

ブレイブボードがアメリカから日本に上陸したのは2008年ということで、すでに10年以上が経っています。

しかし、いまだにその人気はおとろえず、子供から大人まで多くの人たちに愛されています。

子供さんがブレイブボードに乗りだしたのをきっかけに、親御さんも始めるというパターンも多く、

ファミリーで楽しい休日を過ごすためのツールとして、今では定番アイテムとなっていますね。

ブレイブボードに乗れるようになると、あなたもきっと家族との楽しい時間を過ごせるようになりますよ。

ということで今回は以上です。

≫大人向けブレイブボード【オススメ3選】にもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です