【食洗機のサイズ選び】4人家族でビルトインを購入する場合

食洗機購入しようと思うけど、どれくらいのサイズのものがいいのかな?

今回はこういった疑問にお答えします。

私の家は妻と子供2人の4人家族ですが、最近ビルトインの食洗機を購入しました。

ちなみに私が購入した食洗機のスペックは次の通りです。

食洗機のスペック
【メーカー】パナソニック
【機種】ビルトイン食洗機NP‐45MS8 ミドルタイプ
【外形寸法】幅448×奥行627×高さ450(mm)
【製品質量】約21kg
【標準収納容量】茶わん5点、汁わん5点、大皿5点、中鉢5点、小鉢8点、コップ6点、湯のみ6点、箸、スプーン、フォーク

ざっくりですがこんなところです。

それでは早速本題に入っていきます。

4人家族であればこのスペックで問題なし

結論から言うと、購入したサイズで問題ありませんでした。

ちなみにパナソニックの場合、

  • ミドルタイプ
  • ディープタイプ

大きく分けるとこの2つのタイプがあります。

私が購入したのはミドルサイズですが、4人家族であればこの容量で問題ありません。

とはいえ、より快適に使いたいのであればディープタイプの方がベターかなといった感じです。

理由としては、鍋やボールなども一緒に洗う場合、ミドルタイプでは少しキツイからです。

実際に入れてみるとこんな感じです。

これでもまだ余分にスペースはありますが、見て分かるとおり、黄緑色のシリコンスチーマーが入ると一気に入るスペースが少なくなりますよね。

なので私の場合、鍋、ボール、ざるなどの大きいサイズの物は手で洗うことの方が多いです。

とはいえ大きい洗い物はそんなにたくさん出るものではないので、それほど不便ということはありません。

というわけでまとめると、ミドルでOK、ディープの方がベターといった感じですかね。

実は私も最初はディープタイプを購入する予定でした。

しかし、ビルトインなので、キッチンの引き出しの大きさの問題があり、ディープタイプが入らなかったことから、渋々ミドルタイプにしたというのが正直なところです。

値段を見てもディープとミドルではそれほど大きく変わりませんし、工事費もほぼほぼ同じ金額になりますので、ディープタイプが入るキッチンであれば、こちらをおすすめします。

とはいえ、入らないのであれば仕方ありません。

繰り返しになりますが、ミドルタイプでも十分ですので、まずはキッチンに入るかどうかを確認して、入るのであればディープ、入らないのであればミドルという決め方でいいと思います。

ちなみに購入する際の注意点についてはこちらの記事にまとめています。

ビルトインタイプの食洗機を購入する際の注意点

2019年10月9日

また、私が購入した食洗機は、パナソニックのビルトイン型食洗機「 NP‐45MS8」という機種ですが、これについての口コミについてはこちらの記事を読んでみてください。

【購入してみて分かったこと】パナソニック ビルトイン型食洗機 NP‐45MS8の口コミ

2019年10月14日

共働きは食洗機をできるだけ早く購入した方がよい

ここからはそもそも食洗機はあった方がいいかどうかについてのお話です。

結論から言うと、共働きの家は早く食洗機を購入した方がいいです。

なぜなら次のようなメリットがあるからです。

  • 時短効果が高い
  • 食器を洗うストレスから解放される
  • 手荒れの心配がなくなる
  • 水道代を節約できる

上記です。

実際に使用してみて、1日に約10分時間を短縮することができるようになりました。

つまり、「1日10分」という時間をお金で買ったということになります。

10分というと一見大したことないように思えますが、忙しい共働き家庭においてこの10分はかなり大きいです。

毎日のことなので1日10分短縮できると年間で3,650分、実に約60時間がまるまる浮くわけです。

家事の時短は細かい積み重ねが大切なので、たかが10分と考えず毎日確実に短縮できるものに投資した方がよいと思います。

また、食器を洗うというストレスから解放されるというのも大きいですね。

洗い物ってご飯を食べた後の一番動きたくない時間にやらなきゃいけないですよね。

それを簡単にできるというのは大きいです。

また、私自身冬になると洗い物によるあか切れに悩まされていましたが、食洗機を使うようになってからはそれがなくなりました。

水道代の節約になるというのもうれしいですよね。

ただし、当然デメリットもあります。

購入する際の費用の面ですね。

仮にビルトインタイプにした場合、キッチンの状態にもよりますが、工事費込みでざっくり15万ぐらい必要になります。

ちなみに私の場合は、キッチンが特別な作りだったので、全て込みで18万ぐらいかかりました。

この金額をどう考えるかですが、先ほどあげたメリットを考えると購入するだけの価値はあるかと思います。

10数万円で年間60時間が買えて、かつストレスも軽減できるわけですので。

逆に考えると、これだけ多くの時間を食器洗いに費やすのはもったいないと思います。

食洗機は心と時間に余裕をもつためのいい投資になりますので、購入するのであれば早い方がいいと思います。

もし費用的にしんどいなと思うのであれば卓上タイプを検討してもいいと思います。

ただし卓上タイプの場合、費用がかからない分見た目にちょっと生活感出てしまうのと、キッチンが狭くなってしまうというデメリットはありますね。

まとめ

食洗機のサイズとその必要性についてのお話でした。

メリット・デメリットを十分考慮して購入を検討してみてください。

特に共働きの人にとっては、あるとホントに助かります。

ちなみに購入するのであれば販売と工事がセットになっている業者がおすすめです。

「らくらく楽天リフォーム」認定商品の取り扱い店舗 ジュプロ

こちらであれば工事もやってくれますので安心して購入できます。

ということで今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です