買い物に行く回数を減らして家事を楽にする方法

家族が多い家庭は特に、買い物に行くのもけっこう大変ですよね。

気づいたら、

「あっ!洗剤がない!」「今日の夕飯の買い出しまだやってなかった!」

と、直前になってバタバタしてしまうことないですか?

この記事では、このバタバタをなくして、買い物を最適化する方法を解説していきます。

それでは早速、具体的な内容に入っていきましょう。

買い物に行く回数を減らす

買い物の手間を省くいちばんの方法として、結論から言うと「週1のまとめ買い」がベストです。

理由は次の通りです。

  • スーパーなどで買い物をする際は、持って帰れる量に限界がある
  • 買ってきたものを収納するスペースの問題がある
  • 鮮度、賞味期限の問題がある

これらの要因を考えると、やはり週1がベストだと思います。

必要なものだけを買う

そして、まとめ買いする時に重要なのが、必要なものだけを買うということです。

買い物に行くとついついほしいものが出てきて、なんとなく買い物かごの中に入れてしまいがちですよね。

しかし、これをやってしまうと、買う量が増えすぎて持って帰れません。(1週間分をまとめ買いすると仮定した場合です。)

なので、お菓子やおやつをちょっとだけ買い足す分は全然問題ないのですが、基本的には買い物は予定したものだけを買うようにしましょう。

買い物リストを作る

必要な物だけを買うには、買い物リストの作成が必須です。

私の場合、次の二つのリストを分けて作っています。

  1. 献立表の食材リスト
  2. 消耗品など食材以外のリスト

この二つです。

献立表についての詳しい内容はこちらの記事に書いてありますので、気になる方は読んでみてください。

毎日の料理が楽になる献立表の作り方

2019年8月9日

食材以外の買い物リストはというと、私はスマホのアプリを使っています。

使用しているアプリはこちらです。

買い物リスト

とてもシンプルなアプリです。

起動が早く、サクサク入力できるので普段から愛用しています。

洗剤などの消耗品や調味料などは、なくなりそうになったらその都度このアプリに記入して、週1の買い物でリストにあるものを買うようにしています。

この二つの買い物リストを使うようになってからは、必要なものがなくて急いで買い物に走ることはなくなりました。

家で使う食材や消耗品を、1週間分まとめて1回でもれなく購入するには、買い物リストが欠かせません。

記憶だけに頼ると必ずもれが出てきますので、買い物リストを活用して効率よく買い物をしましょう。

ネットスーパーを利用する

お店に買い物に行くよりは、ネットスーパーを使った方が労力は断然省けます。

私はいつもイオンを利用していますが、サイト内でお気に入りのリストを作成できますので、

これを使ってできるだけ短時間で買い物をするようにしています。

とは言え、1週間分ですので、1回の買い物で30分~40分ぐらいはかかりますね。

あとは商品が届いてから冷蔵庫や棚にしまう作業がありますので、トータルで40~50分ほど買い物に時間を費やしていることになりますが、お店に買い物に行くよりはずいぶん時短になります。

ちなみに、仕事帰りに毎日お店に行って買い物をするとなると、1回の買い物を15分として、7日間で105分です。

ネットスーパーのまとめ買いで、1週間で実に1時間近く時短できる計算になりますね。

また、飲み物などの重い荷物の持ち運びがなくなりますので、ずいぶん楽になります。

デメリットとしては、配送時間に家にいないといけない点ですが、イオンの場合だと2~3時間刻みで時間指定できるので全然問題ありません。

お店で買い物する場合の時短テクニック

基本的にはネットスーパーで買い物をした方が時短になりますが、ネットスーパーの場合取り扱い品目が限られていることがありますので、買いたいものが全て揃わない場合もあります。

そういうときは、近所のスーパーなどのお店で不足分を買い物しますが、この場合のポイントとしては、

「24時間営業のお店を利用し、空いている時間帯に買い物をする」

ということです。

最近では24時間営業のスーパーはかなり増えてきました。

このようなお店は当然ながら深夜・早朝の時間帯、日中よりもずいぶん空いているので、ストレスなく買い物ができます。

私の場合は毎朝3:30に起き、朝のルーティンワークを終えて5:00頃から買い物に行きます。

人ごみの中で買い物をするストレスもなく、レジの待ち時間もほとんどないので快適に買い物ができます。

デメリットとしては生鮮食品の品ぞろえが日中よりも少ないという点がありますが、そのデメリットよりもストレスなく買い物でき、尚且つ時短できるというメリットの方が上回ると思います。

買い物だけに限らず何でもそうなんですが、「多数派の人がやっていないことをやる」ということで得することが意外に多いです。

「朝早起きして買い物するなんて、しんどくてできないよ。」

という人がほとんどだと思いますが、逆にそれだからこそやれば大きなメリットを得られるわけです。

あとは、ムリなく早起きする習慣をどうやって身につけるかを考えればいいだけで、意外に簡単にできるものです。

とは言え、個々にいろんなライフスタイルがありますし、朝の忙しい時間帯にそんなことできないという人もいると思いますので、こういう時短方法もあるということを参考にしてもらえればいいかなと思います。

できるだけ同じものを同じ店で買う

買い物は基本的に毎回同じものを買った方が時短になります。

ネットスーパーで買う場合は、お気に入り登録しておくだけで探す手間がなくなりますし、お店で買い物をする場合も、同じものを買うのであれば何がどこにあるか把握できているため、こちらも探す時間が短縮できます。

ゆっくり時間がある時に家族で買い物をする時などは目新しいものを買って楽しむのもいいと思いますが、日頃は時間に追われていると思いますので、同じもの同じ店でを淡々と買うようにした方が効率は上がります。

まとめ

買い物一つとってみても、効率を考えてやろうと思うといろんな方法があると思います。

ここで紹介したのはあくまで私が実際にやっているひとつの方法であって、他にも効率のいいやり方はたくさんあるでしょう。

私自身、「もっと簡単にできないかな?」と思い常日頃、時短方法を模索しています。

あなたもこの方法をまずはやってみるというのもいいですし、自分にあった方法を何か考えるのもいいと思います。

「とりあえず何かやってみる!」ということが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です